カヌレ・ド・ボルドー

フランスのボルドー女子修道院で古くから作られていたお菓子。

カヌレは「溝のついた」という意味で、それにちなんだ型と蜜蝋(みつろう)を使用するのが特徴です。

ストーリーではバニラとラム酒の風味をきかせアレンジ、外はカリッと、中はもちっとした食感でとてもくせになります。

是非お試しください!(^^)!