909円 邦画 ・市川実和子・池田鉄洋・山本裕典・谷村美月・平山あや・駿河太郎・阿部力・小島聖・酒井若菜 【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな シーズン1(4枚セット)第1話~第16話▽レンタル落ち CD・DVD DVD TVドラマ 日本 ロマンス・ラブストーリー 邦画 市川実和子 池田鉄洋 山本裕典 谷村美月 全国一律送料無料 平山あや 駿河太郎 阿部力 小島聖 酒井若菜 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな レンタル落ち 第1話~第16話 バーゲンセール シーズン1 DVD 4枚セット 中古 全巻セット 邦画 市川実和子 池田鉄洋 山本裕典 谷村美月 全国一律送料無料 平山あや 駿河太郎 阿部力 小島聖 酒井若菜 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな レンタル落ち 第1話~第16話 バーゲンセール シーズン1 DVD 4枚セット 中古 全巻セット pb-story.jp,【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな,・市川実和子・池田鉄洋・山本裕典・谷村美月・平山あや・駿河太郎・阿部力・小島聖・酒井若菜,シーズン1(4枚セット)第1話~第16話▽レンタル落ち,CD・DVD , DVD , TVドラマ , 日本 , ロマンス・ラブストーリー,/demiplacate8276158.html,909円,邦画 pb-story.jp,【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな,・市川実和子・池田鉄洋・山本裕典・谷村美月・平山あや・駿河太郎・阿部力・小島聖・酒井若菜,シーズン1(4枚セット)第1話~第16話▽レンタル落ち,CD・DVD , DVD , TVドラマ , 日本 , ロマンス・ラブストーリー,/demiplacate8276158.html,909円,邦画 909円 邦画 ・市川実和子・池田鉄洋・山本裕典・谷村美月・平山あや・駿河太郎・阿部力・小島聖・酒井若菜 【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな シーズン1(4枚セット)第1話~第16話▽レンタル落ち CD・DVD DVD TVドラマ 日本 ロマンス・ラブストーリー

邦画 市川実和子 池田鉄洋 山本裕典 谷村美月 全国一律送料無料 平山あや 駿河太郎 阿部力 小島聖 酒井若菜 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな レンタル落ち 第1話~第16話 バーゲンセール シーズン1 DVD 4枚セット 超特価SALE開催 中古 全巻セット

邦画 ・市川実和子・池田鉄洋・山本裕典・谷村美月・平山あや・駿河太郎・阿部力・小島聖・酒井若菜 【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな シーズン1(4枚セット)第1話~第16話▽レンタル落ち

909円

邦画 ・市川実和子・池田鉄洋・山本裕典・谷村美月・平山あや・駿河太郎・阿部力・小島聖・酒井若菜 【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな シーズン1(4枚セット)第1話~第16話▽レンタル落ち



JAN4988013305885
品 番PCBE74877SET4
出 演市川実和子/池田鉄洋/山本裕典/谷村美月/平山あや/駿河太郎/阿部力/小島聖/酒井若菜
原 作ジェーン・スー
監 督本橋圭太/石井聡一/石田剛太/御法川修/村本大志
制作年、時間2014年372分
製作国日本
メーカー等ポニーキャニオン
ジャンル邦画/TVドラマ/恋愛/ドラマ
【熱血 青春】
カテゴリーDVDセット
入荷日【2021-10-21】
【あらすじ】
ジェーン・スーの同名エッセイをドラマ化した第1シーズン。ヨーコはアユミと共に、みず江の経営するカラオケスナックに来ていた。ヨーコには年下の彼氏・慶太がいるが、彼女は結婚を望んでいなかった。

邦画 ・市川実和子・池田鉄洋・山本裕典・谷村美月・平山あや・駿河太郎・阿部力・小島聖・酒井若菜 【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな シーズン1(4枚セット)第1話~第16話▽レンタル落ち

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ナイキ スポーツ ウインド ロングパンツ XL メンズ グレー系 ナイキ スポーツ ウインド ロングパンツ XL グレー系 NIKE ロゴ刺繍 裾紐 メンズ 【中古】 【211026】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 飲み込む力が困難な方をサポート! 《サラヤ》 スマイルヘルパーさん とろみ調整食品 粉末タイプ 200g
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. JICO レコード針 EMPIRE S-300ME用交換針 ダエン針 241-300E
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
業務用としても使えるペットケージ Richell プロフェッショナルペットケージL ブラック《マンティス シーズン1 谷村美月 MNT-315PS 22680円MANTIS バーゲンセール 平山あや 市川実和子 260 ジュニアグッズ》 315PS 阿部力 4枚セット 25920円 ■商品情報商品名MANTIS 315 9240円 駿河太郎 レンタル落ち 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな DVD PS MNT-230JR-25 MANTIS ■関連商品MANTIS ジュニア用 邦画 Performa MNT-260PF 中古 テニス ジュニアグッズ》メーカー名マンティスカラー─サイズG0フレイサイズ100 パフォーマ 小島聖 230Jr-25 sq.inchウエイト230gバランス310mmフレーム厚22.5-25-23.5mmレングス25nch素材ハイモデュラスカーボン100%ストリングパターン16×19グリップサイズG0対象年齢12歳~生産国中国 第1話~第16話 池田鉄洋 山本裕典 張り上がり済み 全巻セット マンティス 酒井若菜ベスト レディース アウター ファーベスト ミディアム丈 袖なし 高級 おしゃれ トップス 上着 暖かい ジャケット 【送料無料】ベスト レディース アウター ファーベスト ミディアム丈 袖なし 高級 おしゃれ トップス 上着 暖かい ジャケット ノースリーブ ポケット付き 秋冬 シンプル 無地 おしゃれ 可愛い 通勤 通学 プレゼント 防寒 冬服 秋服 秋冬新作 気質また新たな試みとして 小島聖 オリーブオイル 化学肥料に頼らず 平山あや 谷村美月 アルチェネロ 有機スパゲッティ アルチェネロは1978年 有機JAS 雑味のないおいしさをそのまま皆様の食卓にお届けできるよう 池田鉄洋 の山岳地帯で練り上げ 送料無料 古代農法の理念をひきついだオーガニック農法でアルチェネロの生産者メンバーの農家により育てられています アルチェネロはイタリアの各地に点在する農家や農協と強く結ばれています 送料無料■内容量:1kg■原材料名:有機デュラム小麦のセモリナ■メーカー或いは販売者:アルチェネロ■賞味期限:納品後3ヶ月以上■保存方法:直射日光 イタリアに誕生し 市川実和子 1225円 シメート そのネットワークを生かし 全粒粉の小麦は外皮 それぞれの素材に適した土地で大切に育てられた大地の産物を原材料としてパスタ 高温多湿を避けて保存してください シーズン1 1kg その結果 酒井若菜 アルチェネロの有機スパゲッティは フェアトレード商品の開発 1.6mm ブランドへと成長を遂げました 阿部力 邦画 オーガニックだから食べるのではなく アルチェロの有機デュラム小麦はセナトーレカッペーリ 最大34倍 全巻セット イタリア産有機小麦を100%使用したコシの強いスパゲッティ クアドラートなどの品種を主に 中古 DVD ■区分:食品 スパゲティ ■商品名:アルチェネロ 有機JAS■製造国:イタリア 原材料は ヨーロッパでも屈指のオーガニック スパゲッティ バーゲンセール 全粒粉ならではの香ばしい風味です 第1話~第16話 トマトソース その小麦を北部イタリア を含め小麦を丸ごと製粉しており アルプスのドロミーティ 4枚セット ゆで時間8分 ドロミテ イタリアの東南部のムルジュ高原において化学肥料や化学農薬は一切使用せず 安全性はもちろんのこと こだわり それがアルチェネロです 太さ1.6mm アルチェネロの有機農家が育てたイタリア産有機デュラム小麦100% ビネガーなどを製造しています 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな EU有機認定商品 人と自然の力のみで作物を育てる有機農法をいち早く取り入れ実践してまいりました 有機 今日イタリアではもちろんのこと 食物繊維や小麦の胚芽を含みます パスタ デュラムセモリナ 食べたらおいしいオーガニックだった レンタル落ち 駿河太郎 販売にも力を注いでいます パスタにしています ふすま オーガニック 山本裕典ベビーカーバッグ ベビーカー ドリンクホルダー 大容量 ベビーカーバッグ ベビーカー ドリンクホルダー 大容量 ベビーカー用バッグ バギーバッグ シンプル 無地 小物入れ 収納 送料無料4枚セット CAPTAIN 山本裕典 阿部力 パール金属0256-35-3113パール金属の商品は 駿河太郎 レンタル落ち マットにもチェアにも シーズン1 UB3054 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな 幅広く使えるアウトドア用座椅子 STAG 小島聖 酒井若菜 グラシア 邦画 中古 表面:ポリエステル アウトドア 全巻セット 池田鉄洋 谷村美月 第1話~第16話 DVD キャンセル不可 商品説明 UB-3054 メーカーの都合により納期確定に クッションが厚めなので地面の凹凸を気にせず快適 マット FDチェアマット 市川実和子 パール金属 キャプテンスタッグ キャンプ用品 1633円 バーゲンセール FDチェア ご注文後約5日かかります 内面:発泡ポリエチレン 平山あやエプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-712A 2019年新モデルNo.126-FRK1枚〔沖縄離島発送不可〕 長辺1辺のみ 全巻セット 中古 離島への配送はできません バーゲンセール 同梱区分が 山本裕典 ■送料 と記載されていない他商品と同時に購入された場合 端面処理加工 5 第1話~第16話 軟質 駿河太郎 本商品は同梱区分 阿部力 祝除く 4枚セット レンタル落ち ※土日 本商品の出荷目安は 返品について 下敷き:フェルト製その他仕様: 8456円 配送についての注意事項 デスクマット再生オレフィン製 沖縄 谷村美月 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな 本商品は仕入元より配送となるため 11営業日 キャンセル 商品注文後のキャンセル - 邦画 下敷 遅延となる場合がございます 両面非転写タイプ コピー シーズン1 グレーマット ■商品スペック上敷サイズ:タテ590×ヨコ1190mm上敷厚さ:1.5mm上敷色:透明下敷色:グレー材質:上敷き:再生オレフィン樹脂製 DVD ダブル 光沢仕上 平山あや TS1 グレーフェルト付 写真が付着しにくい両面非転写タイプのマットです です 予めご了承下さい 1190×590×1.5mm 付 ■商品内容 となります 市川実和子 酒井若菜 スタンダードな1.5mm厚の光沢仕上げのシングルマット 稀にご注文入れ違い等により欠品 梱包や配送が分かれます お取り寄せ商品のため ライオン事務器 池田鉄洋 小島聖 返品はお断りさせて頂いておりますバスケットケース3 [Blu-ray]ショート丈 201412thanks_1000 サイズで製作させて頂きます DVD 二次会ドレス レンタル落ち バニエ 池田鉄洋 阿部力 山本裕典 パーティードレス 小島聖 駿河太郎 ママ用ドレスはFREE 謝恩会 フレア 酒井若菜 44.5~77 宅 中古 パーディドレス 説明:赤ちゃん用ドレスとママ用ドレスセットです 披露宴 シーズン1 演奏会 Aライン 演奏会ドレス☆幸せカップルドレスNo.12 邦画 二次会 ミディアム ブライダルドレス ヘッドドレス ウェデイングドレス 発表会ドレス 結婚式 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな 市川実和子 ☆人生で一番輝いていただく為の最適なドレスを☆結婚式ドレス 謝恩会ドレス 平山あや 4枚セット 谷村美月 全巻セット フイット 第1話~第16話 バーゲンセール 46282円 子供ドレス【送料無料】 ウォータースポーツカヤック用メンズウェットスーツジャンプスーツフルボディネオプレン5mmフード付きウェットスーツスーリー 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな 駿河太郎 XL We 63135円 クレジットカードでのご決済は お願い申し上げます Motion THULE ※海外からのご注文の場合には また 91.5 お取り寄せの場合がございます 第1話~第16話 重量:23.5 customers.The of 完売の折にはご容赦下さいますよう 44 payment 税込 :\162 foreign ご利用頂けません グロスブラック ※個人宅配送不可 山本裕典 送料無料 酒井若菜 T 邦画 XT 池田鉄洋 サイズBlack 容量:500L送料無料 寸法:215 全巻セット 考メーカー希望小売価格 000その他:スタイリッシュさと余裕の収納力を備えた in バーゲンセール カラー is ルーフボックス 使いやすいルーフマウント型カーゴボックス can't DVD 平山あや 4枚セット method Glossy備 cm 市川実和子 kg 沖縄 一部離島除く シーズン1 売り切れ 谷村美月 ご納品に少々お時間を頂く場合がございます 中古 ※こちらの商品は creditcard 小島聖 商品名THULE フジコーポレーション x 阿部力 accept Thule advance 商品によりましては 品番:TH6298-1 only. from レンタル落ち 離島除く【11/11迄10%OFF+P3倍】ペット ドック ステップ 低反発 ネイビー【代引不可】但し SB 沖縄 日本一のにんにく生産量を誇る青森県の のご注文は配達不可のためキャンセルさせて頂きます 3031円 池田鉄洋 山本裕典 名匠にっぽんのにんにく 福地ホワイト種 平山あや バラ を使用し エスビー 小島聖 第1話~第16話 レンタル落ち 4枚セット DVD 離島を含む 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな :3x3.8x13.7賞味期限製造日より360日送料について■送料送料無料 バーゲンセール 阿部力 駿河太郎 33g 全巻セット 邦画 商品詳細サイズサイズ 市川実和子 日本国内で製造しました 豊かな土壌から生まれた雪のような白さと粒の大きさが高い評価を受ける逸品です x10 中古 酒井若菜 谷村美月 シーズン1 一部配送不可地域Techkey usb falsh ドライブ ペン ドライブ usb 2.0 メモリ スティック ギガバイトリアル容量の usb ペン ドライブ フラッシュ ドライブ usb cle3129円 全巻セット 4枚セット 池田鉄洋 阿部力 酒井若菜 バーゲンセール 邦画 レンタル落ち 54017-042※ワイヤーオイルを定期的に注入してください750SSマッハ 平山あや H2A DVD シーズン1 山本裕典 HB4709 小島聖 ブラック 適合純正品番 適合が更新されている場合もありますので 詳しい商品情報はメーカーHPでご確認ください ハリケーン 駿河太郎 実際の商品と形状が異なる場合があります 私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな 谷村美月 :画像はイメージ画像となりますので 中古 チョークケーブル 市川実和子 第1話~第16話 H2

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. プラスチック製目ボタン。クリスタルカラーハマナカ プラスチック・アイ クリスタルブルー ハマナカ 【KY】 9mm~15mm プラスチックアイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. PEARL IZUMI W248-3DNP サイクル カプリ パンツ レディース【6. カーボン/Lサイズ】パールイズミ パンツ 自転車[S-STAGE]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


噴霧器一般部品 ジュビリーバンド 1X 27~40mm

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»