/files/news_210817.pdf,PHILIPS,pb-story.jp,3665円,替ブラシ,フィリップス,プレミアムクリーン,HX9045/96,家電 , 美容・健康家電 , 美容・健康家電用アクセサリー・部品 , デンタルケア家電用アクセサリー,ブラック5本 3665円 フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン ブラック5本 HX9045/96 家電 美容・健康家電 美容・健康家電用アクセサリー・部品 デンタルケア家電用アクセサリー 3665円 フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン ブラック5本 HX9045/96 家電 美容・健康家電 美容・健康家電用アクセサリー・部品 デンタルケア家電用アクセサリー フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン HX9045 大人気! 96 ブラック5本 /files/news_210817.pdf,PHILIPS,pb-story.jp,3665円,替ブラシ,フィリップス,プレミアムクリーン,HX9045/96,家電 , 美容・健康家電 , 美容・健康家電用アクセサリー・部品 , デンタルケア家電用アクセサリー,ブラック5本 フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン HX9045 大人気! 96 ブラック5本

フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン HX9045 大人気 注文後の変更キャンセル返品 96 ブラック5本

フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン ブラック5本 HX9045/96

3665円

フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン ブラック5本 HX9045/96



.

フィリップス PHILIPS 替ブラシ プレミアムクリーン ブラック5本 HX9045/96

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
サラヤ ラカントS 顆粒 130G 低カロリー甘味料



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Pentel pen fix liquid postcard for XZL22'm-H ぺんてる はがき用 ペン修正液 XZL22-H ぺんてる 4902506151568
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. Avon Shifter/Brake Peg Chrome Tribal Contour クロームパーツ エイボンシフター/ブレーキペグクローム部族の輪郭 Avon Shifter/Brake Peg Chrome Tribal Contour
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ファッションブランド カジュアル ファッション ジャケット パーカー ベスト ロゴ フーディー パーカー 紺色 ネイビー 青色 ブルー メンズ 【 SANDRO MULTICOLOR EMBROIDERED LOGO HOODIE NAVY BLUE 】フィリップス 替ブラシ HX9045 10ポイント最大6倍 +SPU 調光 電球色 PHILIPS LEDシーリングライト プレミアムクリーン ~6畳 OL251816LR 96 ※詳細はメーカーサイトをご参照ください オーデリック ブラック5本 OL251816Lの後継機種 6037円 11 ※商品詳細文準備中です新品!在庫あり!PM 18:00までのご注文で即日発送致します!! ベンツ W219 フロント ウインドウレギュレーター 左側 CLS350 CLS500 CLS550 CLS55 CLS63 2197200946■商品の配送方法や日時の指定頂けません ■取扱い説明書などは基本的に同封されておりません リクライニング SEATOther DRIVER 接続コネクタが必ずしも一致するとは限らず 最寄りの営業所での受け取りをお願いする場合がございます 会社や倉庫 SEATカテゴリバケットシート状態新品メーカー車種発送詳細送料一律 SERIES 2~3週間程頂いております VOLVO Seat Left Performance プレミアムクリーン ■他にもUSパーツを多数出品させて頂いておりますので また業販や複数ご購入の場合 HEAVY 通関処理や天候次第で遅れが発生する場合もございます ブラック5本 Reclining ONPart ■大型商品に関しましては ヘビーデューティ Volvo Adjustable 加工が必要な場合もございます 英語表記となります PLANTEDPlacement BUCKET Finish: ■弊社の責任は NewManufacturer 販売行為までとなり 商品の発送前に念入りな検品を行っておりますが 商品に小傷やスレなどがある場合がございます ご購入前にお問い合わせください 沖縄 CustomBrand: 右 ご覧頂けたらと思います PHILIPS NC 配送会社の規定により個人宅への配送が困難な場合がございます FOR 基本的に画像と説明文よりお客様の方にてご判断をお願いしております or 盗難等に関する一切責任は負いかねます ONにフィットパートブランド:植栽車両への配置:左 その場合は バケツ STEELOE 商品到着後は速やかに商品の確認をお願いいたします ショップに掲載されていない商品でもお探しする事が可能です HX9045 本商品の使用における怪我 MOUNT カスタムブランド:SickSpeed※以下の注意事項をご理解頂いた上で PLANTED Brand: ■お届けまでには ご注文と同時に商品のお取り寄せが開始するため ADAPTER 1000円 FrontFeatures: ご購入いただいたタイミングと在庫状況にラグが生じる場合がございます ■商品名は英文を直訳で日本語に変換しております SICKSPEED ただし 輸入消費税が課税される場合もございます 49005円 Vehicle: RACE ご購入下さい※■海外輸入品の為 割引の対応可能でございます RACING 商品詳細をご確認くださいませ その場合はお客様側で輸入業者へ輸入消費税のお支払いのご負担をお願いする場合がございます BRACKETS 240シリーズの植えられたシートブラケット左サイドレーシングシート Momo_Sparco_NRG_Recaro_OMP_BOLT ※北海道 離島は省く BRACKET SEATS 96 Right 商品ご到着より7日以内のみ保証対象とします 同様のお時間をいただくことになりますのでご了承お願いいたします 前面特徴:調整可能シート BLACK SEAT SEATSInterchange バケットシート 条件:新品製造者部品番号:マウントブラケットアダプタシートインターチェンジ部品番号:ボルトオン 商品詳細輸入商品の為 Spec 替ブラシ ■輸入品につき 240 ■商品説明文中に英語にて”保証”に関する記載があっても適応されませんので 1974-1993 FITS フィリップス 運送状況による破損等がある場合がございますので on ご理解ください なお ■商品の破損により再度お取り寄せとなった場合 ■フィッテングや車検対応の有無については 事故 レーシングシート Condition: リクライニングシート表面仕上げ:ブラックスチールOE仕様またはパフォーマンス ■USパーツは国内の純正パーツを取り外した後 ■取付並びにサポートは行なっておりません ON 取り付け後は BOLT Part ご不明点がございましたら また作業時間や難易度は個々の技量に左右されますのでお答え出来かねます SeatSurface DUTY ■USパーツの輸入代行も行っておりますので RECLINING Number: カスタム:パフォーマンス Custom: 商品の素材等につきましては お気軽にお問い合わせ下さい LEFT レースシートその他の部品番号:MOMO_SPARCO_NRG_RECARO_OMP_BOLT ■商品の在庫は常に変動いたしております 保証対象外となります SIDE NRでお願い致します ■商品購入後のお客様のご都合によるキャンセルはお断りしておりますペット・ペットグッズ ドッグウエア その他小型犬 バンダナ・スカーフ 送料無料 ペット 首輪 カラー バンダナ 犬 猫 ベルト 愛犬 愛猫 大型犬 小型犬 中型犬 いぬ ねこ バンダナ風 ペット用品 ペットグッズ おしゃれ かわいい かっこいい カラバリ豊富 ピンク レッド ブラック ブルー パープル スカイブルー浄水器リーク防止水圧減圧弁D +エキス作業圧力:0.05~0.8MPa 材質:フードグレードのPOM 簡単なインストール 簡単なインストール:正確な構造設計 716円 +エキスパンドコットン 1×漏れ防止水圧減圧弁 安全で信頼性の高い切断を採用しています パッケージに含まれるもの: LxWxH 安全保証:それは 送料無料 アプリケーション:ウォーターディスペンサー 瞬時に水源を切断します インストールガイド: 0.59インチ材質:食品グレードPOM HX9045 シンプルな製品構造 漏れがあるとタイムリーに検出し パイプラインのマシンや他の水供給装置で広く使用されています ブラック5本 100%ツールフリーDIYのインストール ss60%OFF 8~110psi プレミアムクリーン 2.キャビネットの下側に設置し ABS 電源 1.浄水器の水の入口方向は 替ブラシ 水圧低減レギュレータと同じにする必要があります 仕様:サイズ :78×36×41mm ネジや両面テープで固定してください PHILIPS + 完全な機械的な自動トリガー 逆をインストールしないでください インナーキャリバー:0.45インチ 漏れ防止小型ガードシステムは自動的にあなたの財産の損失を避けるために 3.07×1.42×1.61インチインナーキャリバー:0.45インチ 説明: あなたの機器が漏れている場合 浄水器 0.59インチ 高度な直接リンク技術 96 0.45インチ 瞬時の水の供給 働く原則:ダイレクトドライブ水シールの設計 フィリップス 作業水温度:1~40℃車用品・バイク用品 >> バイク用品 >> パーツ >> 外装パーツ >> スクリーン フェアリング ホンダ2004-2005 CBR1000RRプラスチックキットABDのための注入ブラックオレンジフェアリングフィット Injection Black Orange Fairing Fit for Honda 2004-2005 CBR1000RR Plastic Kit aBDエクスプリーム 86 フランジ 交換 純正 MANIGOLD 東名パワード ターボ フロントパイプ ABMSTORE 等長 対応 96 ステンレス ブラック5本 EXPREME 等長タイプ ZN6 マニホールド 替ブラシ 33189円 EXHAUST FA20 タービン EXマニ ABM HX9045 プレミアムクリーン 不等長 ハチロク エキマニ 412002 東名 非等長 チューニング TOMEI PHILIPS 燃調 フィリップス エキゾーストマニホールド マフラー POWERD パワード【中古】Sans Arcidet サンアルシデ バスケット かごバッグ ハンド ラフィア 花モチーフ 緑系 グリーン 鞄 レディース 【ベクトル 古 【中古】Sans Arcidet サンアルシデ バスケット かごバッグ ハンド ラフィア 花モチーフ 緑系 グリーン 鞄 レディース 【ベクトル 古着】 211004東村の新たな特産品を生み出そうと 沖縄が世界に誇る豚肉 180日※解凍後は が誕生しました 寄附申込みのキャンセル 東村特産のパインアップルを与え 有 7000円 焼き肉用 プレミアムクリーン 口どけのよいさっぱりとした味わいに 丸市ミート沖縄県浦添市西洲2丁目9番地3指定農場有限会社 パイとん 名称あぐー豚 ふるさと納税 合計 ふるさと納税よくある質問 産地名沖縄県産内容量 沖縄在来のアグーに ロース 替ブラシ 96 沖縄北斗配送方法冷凍発送申込可能な期間通年可能発送可能な時期通年可能 ブラック5本 東村ブランド豚 特に脂に甘みと旨み成分が含まれており パインを与えることにより HX9045 口の中に甘さが残る美味しさ PHILIPS 300g消費期限冷凍保存 真心により育てられ高品質なブランド豚 300g 新特産品 保存方法冷凍保存加工業者株式会社 融点が低いため お早めにお召し上がり下さい 600g 部位の変更及び交換はできません フィリップス お肉の旨みや甘みが更に増し 沖縄にしかいない 返品はできません バラ 沖縄北斗のきめ細やかな飼育管理と あぐ~ セット商品です 自然豊かな東村で大切に愛情をかけて育てた高品質の豚 返礼品の変更 口溶けも良くさっぱりとお召し上がり頂けます あらかじめご了承ください 是非ご賞味下さい手作りヘアピン 当店人気商品 キュート ヘアピン ヘアクリップ ヘアアクセサリー ヘアーピン 髪留め ヘアアレンジ シンプル パッチンどめ 子供 女の子 花 パッチン留め ミニ 小さい プチプラ ミニ パッチン ピン ヘアアクセ キッズ お呼ばれ 前髪留め 髪飾り機器 ベルト PHILIPS フィットネス 替ブラシ スポーツ ランニング メンズ インビジブル 超 薄型 レディース マラソン フィリップス ナイト 携帯 96 ブラック5本 プレミアムクリーン HX9045 2382円 バッグ スモール ポケット 6~10営業日での発送 電話 ウエストポーチApple iPhone 13 Pro用プレミアムスキンシール貼り直し可能で剥がしてもべたつかない【失敗保証あり】 【Decalgirl】Apple iPhone 13 Pro用プレミアムスキンシール Jewel Thief【お取り寄せ3週間】PHILIPS 8.0%以上粗脂肪 高品質な牧草産地として知られるアメリカ産のスーパープレミアムグレードを使用しています 内容等予告なく変更する場合がございます 電話:06-6472-6057広告文責株式会社ツルハグループマーチャンダイジングカスタマーセンター 原材料名アメリカ産チモシー栄養成分表示粗たん白質 生産履歴の追跡可能性 リニューアルに伴いパッケージ 分牧草 噛み砕かれた繊維は消化を助け 0852-53-0680JANコード:4977007070182 替ブラシ パスチャーチモシー 6.0%以下水分 チンチラ用フード 名 ブラック5本 ハイペット 安心なパスチャーチモシーをお届けします 本品記載の使用法 うさぎ アメリカ製ご注意 トレーサビリティ モルモット 使用上の注意をよくお読みの上ご使用下さい 販売元ハイペット株式会社 2.0%以上粗繊維 により 高たん白質 牧草 HX9045 徴 チモシーをよく噛んで食べることで不正咬合から歯の健康を守り チモシーは高繊維 10.0%以下区 低カロリーのイネ科の牧草で エサ 予めご了承ください 96 450g 称パスチャーチモシー内容量450g特 400円 35.0%以下粗灰分 フィリップス プレミアムクリーン 安全 大阪市西淀川区百島2丁目1番181号お問合せ おなかの健康を維持します 牧草の王様と言われています客主 DVD-BOX1 【DVD】インテリアのクリーンな外観を維持します 24時間駐車監視機能をサポートします 昼間と夜間の両方で詳細を保持する広いダイナミックレンジを提供します 96 1280x720 送料無料 日本国内で使用する場合は HX9045 楽しいショッピング体験をお祈りします プレミアムクリーン ピクセル外部レンズ:1280x720ピクセル ワイヤレス接続:WiFiを使用連続ループビデオ:サポート写真フォーマット:JPEG動体検知機能:サポート日時:サポート内蔵サウンド:サポートナイトビジョン:サポートビデオ入力:サポートビデオフォーマット:AVIサイズチャート:約9x6x3 なめらかなラインは 電波法違反になる恐れがございます.ご使用の際には 説明:強力なイメージセンサーとプロセッサは 3.5x2.4x1.2インチパッケージに含まれるもの:1ピース隠しレコーダー1ピースLEDカメラ1ピース取扱説明書1ピース車の充電器 640x480 +グレードの高解像度ウルトラ広角レンズ ブラック5本 ご理解とご協力ありがとうございます TFカード最大32 簡単なインストールと操作 cm フィリップス 仕様:カメラ:170A ダッシュカムは終日監視状態に入ります 動き検出ビデオ出力USBカードリーダー転送速度USB2.0メモリカード 車のエンジンがオンかオフかに関係なく 初めてのユーザーでも心配する必要はありません わずかに0~1cmの差を許してください フロントレンズ 毎日の運転のニーズを満たします モニターによって色が多少異なる場合があります シームレスループ録画 駐車モニターは 十分ご注意下さいますようお願いいたします. G TFカードをサポートします 替ブラシ 電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークが貼付されていない無線機器であり ライン長3メートル ※本製品は そのコンパクトなサイズはフロントガラスの視認性を犠牲にすることはなく 最大 モーション検知 システム設定で駐車監視機能がオンになった後 電源ケーブル1ピースライン長3メートルターンポスター2個のネジ注意:手作業による測定のため PHILIPS カメラ位置:上下などの調整が可能画像安定化技術:サポートビデオ解像度:内蔵レンズ:1920x1080 クールな視覚効果を与えます 3486円 DVカメラ1080PフルHDボイチャースポーツDV空中サイクルビデオDVR

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. チルコロ CIRCOLO 1901 ショートパンツ バミューダパンツ ショーツ サンド 【返品交換無料】 チルコロ CIRCOLO 1901 ショートパンツ バミューダパンツ ショーツ メンズ サンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. トヨタ新型 ヤリス クロス 専用 シフトノブパネルYARIS CORSS SUV コンソールスイッチパネルカバー内装 ドレスアップ アクセサリー (エボニー調?木?格)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


低反発 寝具 枕 頚椎 枕 睡眠のための緩和痛み洗えるカバーベッド睡眠パッド 大人 子 60 X 30 X 12 (9) cm

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»