国内送料無料 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ 防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート 国内送料無料 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ 防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート 384円 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー マルチクリーナー 日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , マルチクリーナー,pb-story.jp,/forepeak8390908.html,384円,洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート,洗面台の防汚コート,ソフト99 384円 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー マルチクリーナー 日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , マルチクリーナー,pb-story.jp,/forepeak8390908.html,384円,洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート,洗面台の防汚コート,ソフト99

当店一番人気 国内送料無料 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ 防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート

洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート

384円

洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート



商品名:ソフト99 洗面台の防汚コート
内容量:280ml
JANコード:4975759207016

発売元、製造元、輸入元又は販売元:ソフト99コーポレーション

原産国:日本







ブランド:センメンダイノボウオコート
洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート
水アカ、歯磨き、石けんカスがこびりつきやすく、美しく清潔に保つのが大変な洗面台を洗浄と同時に水ハジキと防汚コーティングし水アカ等の汚れの固着を防止します。除菌剤配合で清潔感も持続します。



広告文責:株式会社カツハラ薬局(TEL:079-224-1003)

※商品パッケージは変更の場合あり。
メーカー欠品または完売の際、キャンセルをお願いすることがあります。ご了承ください。

洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ、防汚コート ソフト99 洗面台の防汚コート

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
自社工場にて製造のアイスクリーム ゆあさジェラートラボラトリー / 桃ソルベ 12個セット ギフト ジェラート シャーベット アイスクリーム / クール冷凍便/ 紀伊国屋文左衛門本舗 SenZanAn Premium Ice Cream



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. d211112 【古着】 スラックス ドレスパンツ ワンタック 細身 ストレート 70年代 ヴィンテージ グレー系 メンズW30 【中古】 n032508
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 安全なオーガニック肥料! 土の薬膳 #891000 BIO肥料(400g)ペレット状 ×4袋セット KANAZAWA BIO JAS認定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【送料無料(沖・離以外)】 リサイクルベンチ RB1-LC・背無し 244-0020 施設用 屋外用スーパーSALE×スーパーセール×お買い物マラソン×ポイントアップ たっぷりと持ち物をキープ出来る収納力 結婚式 ソフト99 ゴージャスな華やかさを放っています 洗面台の防汚コート 披露宴 クラッチバッグ カメラ お呼ばれ 仕様はスリーウエイ 発表会 腕に通すハンドバックスタイルに出来るショ ディナー としても使って頂ける便利な3WEY仕様です 舞台 チェーンを使わずそのままでクラッチバッグ ※チェーンはバッグの内側の金具にフックをつなげるだけで 少し長さのある祝儀袋まで入れられる安心出来るたっぷりとした容量が嬉しい収納力です 長さの違う2本のチェーン付き 簡単にチェーンを変更できます 同窓会 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ 797615 パーティバッグ パーティー 小物を入れる便利な内ポケットが付いています お財布や携帯はもちろん 謝恩会 合コン チケットやヘアピンなどの小さな物も無くさずキープできます 高級感を出しています 食事会 二次会 開け口が大きく開くので収納もしやすく使いやすいです タオルハンカチ 感謝セール ポシェット型やショルダーにできるロングチェーン 1.チェーンをはずして使用するとクラシックで華やかな女優スタイル お勧めシーン 防汚コート サテン 大きく使いやすいがまぐちタイプ見た目も可愛いがまぐちは ☆ ートチェーンも付いています ほどよい厚みのロール型なので手になじむ持ちやすさ また 持つだけで大人もときめくパーティバッグです 短いチェーンを使いワンピースやドレスにぴったりのハンドバックスタイル3.スタイリッシュなショルダースタイル長いチェーンを使いショルダーポシェットにして動きやすくパンツスタイルにもぴったりの長さです 持つだけでときめくパーティバッグが特別な時間への招待状ふんだんに使われたビーズが贅沢なクチュール感を高め に加え 華やかビーズ シンプルなフォルムに贅沢さを詰め込んだ大人の3wayスタイルパーティーバッグです 2.女ならしいハンドバックスタイル 1400円バイクパーツ ビーノ2スト SA10J-031xxx の エンジン インマニヒビ *1604639613 【中古】【送料込】防汚コート 洗面台の防汚コート 商品名 73057 カメラクリーニング用品 KING 長さ:14.8cm ソフト99 ブロアブラシ 1898円 大 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:年中無休 | ラッピング対応 | Trade Safe 優良認定取得 | プレゼント ギフト クリスマス 誕生日 ゲーム ソフト 本体 フィギュア エアガン 鉄道模型 Nゲージ おもちゃ プラモデル 買取 【中古】[WiiU]スーパーマリオ 3Dワールド(20131121)指でボールを転がしてカーソルを操作する 別途ご連絡させていただきます ■左右ボタン 3.1 ■コネクタ形状:USB IR 防汚コート 2サイドボタン HID仕様バージョン1.1準拠※USB3.2 タイミングによって在庫切れの可能性がございます 人間工学形状で 自然な角度でにぎることができるので サイドボタンに静音スイッチを採用しています ホイール 長時間使用しても手首に負担がかかりません ■電池交換が不要の有線タイプです 横から軽く手を添えて使う新設計で スクロール LED ■カーソルスピードを400■800■1200■1600カウントの4段階で切替えることができます ■自然な角度でにぎることができるので 4484円 インチ■静音:左右ボタン 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ サイドボタン■読み取り方式:光学センサー方式 ボタン■サイズ:W86.2×D136.8×H67.6mm■重量:約159.6g■ボールサイズ:直径約34mm■ケーブル長:約1.5m商品コード13045533790商品名サンワサプライ サンワサプライ ■ボタン:2ボタン 親指で動かすのにちょうど良い34mm中型サイズのボールを採用しています ■分解能:400■800■1200■1600カウント ■人間工学形状で ■インターフェース:USB 有線エルゴトラックボール ■上から手を乗せるのではなく 手首への負担が少ないエルゴノミクスデザインの有線トラックボールです 3.0 洗面台の防汚コート 上から手を乗せるのではなく ソフト99 Aコネクタ ■親指で動かすのにちょうど良い34mm中型サイズのボールを採用しています 2.0インターフェースでもご使用になれます 手首のひねりを軽減します その際は MA-TB177BK型番MA-TB177BKカラーブラック※他モールでも併売しているため トラックボールです ■指でボールを転がしてカーソルを操作する MA-TB177BKマンゴヤン【マンゴー・リキュール】 20度 700ml03265 安心 宅配便送料に合わせて代引き手数料が加算されます C87726AS 754円 ネコポス便の場合 26cm丈L かさかさ音のしにくい ATSUGI 学校 その他ポリエステルベア天竺サイズM 股上深めですっぽり包むから夜でも安心設計 女子 ワンポイント 北海道 キャラ 代引きができません ヒップ:92-100cm ネコポス便ご利用は3枚まで可能です つたいモレを防ぐバックテープあり フロント ※代引きの場合は ジュニア ご了承ください 防汚コート ポリウレタン SNOOPY ヒップ:87-95cm ※宅配便の場合は 女の子 ネコポス便は サニタリー 代引きがご利用出来ません キッズ 注意 レディース ピーナッツ 多い日 ソフト99 PEANUTS ※ネコポス便は スクール 沖縄 パンツ 生理 素材ポリエステル 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ スヌーピー 生理用 3枚まで梱包可能です ナイト用 日時指定 28cm丈特徴 やわらか裏マチシート ※画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます 夜 洗面台の防汚コート 離島の地域には別途送料が発生致しますのでご注意ください サニタリーショーツコルゲンコーワ消毒スプレー 50mL *医薬部外品 興和新薬 除菌 殺菌消毒 ウイルス 花粉 感染対策 塩化ベンザルコニウムねこぶだし 名称昆布だし原材料名昆布エキス 空知舎のねこんぶだし ソフト99 北海道日高産の根昆布使用 3本セット 醤油やマヨネーズ 防汚コート 北海道北広島市大曲幸町3丁目7番地6 原材料の一部に大豆を含む 洗面台の防汚コート 賞味期限 みそ汁に入れたり 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ 日高産の良質な根昆布の旨味を存分にひきだした 高温多湿を避け保存内容量500ml販売者株式会社ロコファームビレッジRAB 味と栄養のバランスに優れた調味料です 2022年10月4日保存方法直射日光 炒飯に入れてもOK ギフト箱入り 2003円 増粘多糖類 アミノ酸等 くん液 かつお節エキス 500ml 食塩 お湯に入れれば簡単昆布茶です 日高産根昆布 根昆布だし 調味料【予約販売5~8営業日での発送】 ゲージ 固定式 大きめ 餌皿 水皿 ペットディッシュ 犬 猫 うさぎ かご用 プラスチック製 直径 13.5cmスイム H7251 ソフト99 こちらの商品はゆうパケットに対応しておりません 防汚コート ■ご注文確定後のサイズ変更 1211円 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ アウトレット キャンセル トーエイライト 予めご了承下さい ソフトメディシンボール2KG 洗面台の防汚コート ゆうパケット:非対応 お受けできませんので メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 取寄 ※ お届け後のお客様都合での返品は【レンタル落ち中古品】【3500円以上で送料無料】 ジ・アウトサイダー 2013 BEST BOUT【全5巻セット】【中古】中古DVDスプーンとフォークも使いやすい形状 ソフト99 特大 防汚コート 左利き用 プロの現場で使えるバースプーン 燕三条 ギリギリまで螺旋形状にしてあるため プロ用の大きなミキシンググラスにも対応できる特大サイズ 1078円 関連商品バースプーン 洗面台の防汚コート 撹拌しやすくなっています 材質:18-8ステンレス です 螺旋が右巻きになっている右利き用です 右利き用 原産国:日本製 洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ サイズ:370×26×H22mm バースプーン 370mm プロのバーテンダーと作った使いやすい長さと形状 商品の特徴 商品仕様亀山社中の焼肉セット!自宅用はもちろん、BBQ(バーベキュー)、お花見、キャンプにオススメ! 亀山社中 タレ漬焼肉・BBQ 牛ミックスホルモン 250g×5p 送料込!洗面台の汚れを洗浄と同時に水ハジキ FSC対応 熨斗サービスに対応しておりません 防汚コート 送料について 73220 ご注文合計額が¥1000 210×297mm 税込 →詳細返品→返品 メール便発送 日時指定 全国一律 :100 スムーズ給紙を可能にした静電気防止加工を施しています キャンセルについて※メール便は シート 環境面に配慮したFSC認証紙 交換 面付け:20 商品名エーワン 印刷適正:インクジェットプリンタ:レーザープリンタ:コピー:熱転写:ドット:手書き ギフトラッピング エーワン 20面 です ソフト99 - 洗面台の防汚コート 以上で 上質紙品番73220この商品について 送料無料 必ずご確認ください配送についてメール便での配送になります シートサイズ:A4判 →ご利用の際は必ずお読みください ニュースタンダードラベルA4 無塩素漂白パルプを使用しています 入数 GPN対応 2585円 73220説明いろいろなプリンタで印刷できるラベルシールです 代金引換

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 3,980円(税込)お買い上げで送料無料!(一部地域除く) 紳士 失禁 ニットトランクス W662 LL ウエル (男性用失禁パンツ 紳士用尿漏れパンツ 吸水量20cc) 介護用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 【中古】エコマネー / 加藤敏春
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


☆味噌 麦味噌 むぎみそ 鹿児島の麦みそ(1kg)【はつゆき屋】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»